忍者ブログ
ツクール芸人の住み家
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9 10
12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
kemono
性別:
男性
自己紹介:
VIPRPGとか、civilization4が好きな辺境の民。紅白2015ではBlackChronicleを提出しました。
最新コメント
[12/14 くろほ]
[02/28 くろほ]
[02/03 くろほ]
[01/19 名無し様]
[01/19 ポイズン好き]
ブログ内検索
アクセス解析
1036年~1049年

アリア様がデレた。

それよりも、マップが広くなって厄介になったな…という
感情の方が大きかったです。

あと、レオ引退はイベントじゃないんですね。
ここで副官ポジションのつながりが祟れたのが寂しかったです。

子作りは、聖戦士3姉妹は上手く相手が見つかったけれども
それ以外が…という感じでした。
この時期は、第1世代の子供の女率が高かったような気がします。
せめてガレフとリリーの子(アッシュと名付けたので、以下アッシュ)と
結婚できればなぁ…と思いました。
戦士というびみょーな職の割に強いからね、アッシュは。
同じ戦士パルは即リストラ候補だというのに。

今考えれば、この時期(できれば初期から)に
巫女と誰かをくっつけて、延々と強化し続けていけばよかった。
でも、巫女ゲーになってしまうのでそれはつまらないのかも。

拍手

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
確かに
私もマップが一気に広がったのは見た瞬間に今後の流れを想像して不安になりました。

アリア様の変わり様にも驚きましたね。
何かこう極端な感じでした。

アッシュ強かったんですね。
私は基本的に顔グラありは滅多に使わないので、
知りませんでした。
主人公でさえ困った時にしか使って無かったなぁ…。
sunnさん / 2015/10/20(Tue) /
Re:確かに
この時期から、このゲームの厄介さに
ぶち当たったという感じはしましたね。

アリア様の変化はかなりのものでしたが、
ゲーム初期のままでいられても…という感じはあったので
それはそれでよかったと思います。

顔有りは能力的な面よりも
好感度調整とかに使っていましたね。
「こいつとこいつをくっつけたくない!」という時に
主人公や顔有りを近くに置く事で
キャラの引き寄せを防ぐという感じで。
弓兵は誰かを隣に置くとすぐに誰かを引き寄せるので
なおさらという感じです。
その辺りを差し引いても、必要な能力が上がるアッシュは
前線を任せるのに頼もしくはありました。
 (2015/10/20)
Copyright © ケモブログ2世 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]