忍者ブログ
ツクール芸人の住み家
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5 6 7
9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
kemono
性別:
男性
自己紹介:
VIPRPGとか、civilization4が好きな辺境の民。紅白2015ではBlackChronicleを提出しました。
最新コメント
[08/05 名無し様]
[08/03 名無し様]
[12/14 くろほ]
[02/28 くろほ]
[02/03 くろほ]
ブログ内検索
アクセス解析
なーんかダービーが終わると、あらゆる気力が抜けてしまいます。
一介のKEIBAファンがそうなのだから、
関係者はもっと気の抜け方が半端ないでしょうね。

ダービー終わったのでちょっと語ってみます。
長めなのと
4着だったある人物に対する悪口がつらつらと書かれているので
ファンの人およびKEIBAに興味ない人はスルー推奨。


今回に関しては読みが当たった感じですかね。
ドゥラメンテが自滅以外で負ける事はないだろうという事、
リアルスティールがダービー馬になるビジョンが見えないという事。
青葉賞組は低レベルで完全バッサリでもよかったかも、
京都新聞杯組は先行できたラーゼンだけ評価していい…
このあたりに関しては我ながら完璧だったかな、と。

ミュゼエイリアン、キタサンは前残りになった時の保険でした。
でも、ノリがブンブン行ってしまって
北村がそれについて行っちゃったからね…
こうなると紛れは起こらないか…

3番手評価はサトノラーゼンでした。
インベタ先行できる岩田という理由だけだったんだけれどもね。
サトノクラウンは評価を下げていました。
良馬場のスピード勝負は分が悪いんじゃないかと思ったし、
当日の馬体重も減っていて体調面でもどうだろうと思ったので…
でも、来てしまいました。
ルメールが上手く乗っていたら危なかったかも。


さて、本題。
結局福永は何がしたかったのだろうか。
点と線という、ダービーだけの「点」でいっても
今回ドゥラメンテの後ろからレースをするという地点で
正気の沙汰とは思えないです。
後ろから競馬するにしても、
ドゥラメンテより先に仕掛けて被せるくらいでないと
勝ち目なんてありゃしないのに。
スタートからかからせてしまって、どっちがドゥラメンテか
分からないような感じだし…

線という面でも問題あり。
スプリングSで後ろから行って、あれは試走かと思ったら
皐月賞では前に行って、ダービーは再度後ろからとチグハグ。
ワールドエースでも「線」という点では大概でしたが。
結局第2のワールドエースを作り上げてしまったんでしょうかね。

何より気に入らないのは
関係者から甘やかされて、何度やらかしても
ダービー候補馬が与えられ続けるという事。
そんなぬるま湯のような環境だから
デム兄や岩田みたいな刹那的な騎乗ができないんだろうな…と思ったり。
本人は勝ちに行ったと思っているかもしれないけれど、
こちらからしてみればドゥラメンテの破綻待ちという
他人任せのレースという感じしかしなかったです。
これでも、今年も有望な2歳馬が与えられると思うと、げんなりします。
特に福永に与えられた馬の未来の事を考えると。

すでに38歳。
自分より年上で、年齢的にはベテランの領域の立場だというのに
いつまでも永遠の中堅というイメージなんですよね。
関係者は福永を重宝しているようだけれども、
負けたら馬のせいにするようなコメントしか残さないような人間を
自分が関係者だったら任せたくないんですけれどもね…
うーん。


何でダービー当てたのにこんな文句ばっかり言っているんだろう、自分は…

拍手

PR
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
制裁王について思うこと。
確かに俺も戦前から、制様がダービージョッキーになって歓喜のガッツポーズだなんてのは、
まるで想像出来なかったですw何かに差されるか、何かを差し残すかしてガクッと項垂れるシーンなら想像出来ましたがw

皐月の地点でドゥラとの力差は明確になった以上、乗り方自体思い切っていかないと、勝てない
ってのは言わずもがなでしたが、結局いつも通りの騎乗で、レース後「敵はドゥラメンテだけ」
だなんて壮言wしかも自分の乗ってたサトノ二頭もかわせずじまいとくれば…もうね。
結局甘ちゃん体質育ちのままで勘違いしてる野も問題ですよね。武豊と同じような環境下で
今のザマでは豊さんとの騎手としての素養の違いをまざまざと見せられているような気がします。
くろほさん / 2015/05/31(Sun) / URL
Re:制裁王について思うこと。
なんというか自分で運命を引っ張ってこようという気概がないんですよね。
で、そういう執念を持った人間に運命力で負けるというか…
(2013年のキズナの時が顕著でしたが)
普通に乗って勝てるのがダービーではないといつ理解するのだろうか…

若い時から岡部・河内・田原・的場といったトップジョッキーと渡り合って
常に高い所に身を置いて実力で地位を獲得したタケと、
タケの後ろを見ていただけで、関係者の力で有力馬を集めた制裁王では
「有力馬を選び放題」という環境があったとしても、
どうしても越えられない差ができてしまうのも
仕方ないんでしょうけれど…。
このままだと「やはりタケは偉大だった!」と単なる比較対象で
終わってしまうんでしょうが…多分、今後も本質は変わらないでしょう。
 (2015/05/31)
Copyright © ケモブログ2世 All Rights Reserved
Powered by ニンジャブログ  Designed by ピンキー・ローン・ピッグ
忍者ブログ / [PR]